メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支え合う「移民時代」

すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

インタビューに応える望月優大さん=東京都新宿区で2019年6月20日午後3時6分、金子淳撮影

 外国人労働者の受け入れ拡大を定めた改正入管法に関する昨年の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策ではない」と繰り返した。一方、日本で暮らす外国人は昨年末時点で約273万人に上り、増加を続けている。そうした外国人の位置づけを、どう考えるべきなのか。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長で、移民社会を論じる著書「ふたつの日本」(講談社現代新書)を出版した望月優大さん(33)に聞いた。【聞き手・金子淳】

この記事は有料記事です。

残り3625文字(全文3826文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです