連載

支え合う「移民時代」

在日外国人が増え続ける少子高齢化社会・日本。多様な背景を持つ人々が支え合う社会を生み出すためのヒントを探ります。

連載一覧

支え合う「移民時代」

すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに応える望月優大さん=東京都新宿区で2019年6月20日午後3時6分、金子淳撮影
インタビューに応える望月優大さん=東京都新宿区で2019年6月20日午後3時6分、金子淳撮影

 外国人労働者の受け入れ拡大を定めた改正入管法に関する昨年の国会審議で、安倍晋三首相は「移民政策ではない」と繰り返した。一方、日本で暮らす外国人は昨年末時点で約273万人に上り、増加を続けている。そうした外国人の位置づけを、どう考えるべきなのか。ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長で、移民社会を論じる著書「ふたつの日本」(講談社現代新書)を出版した望月優大さん(33)に聞いた。【聞き手・金子淳】

この記事は有料記事です。

残り3625文字(全文3826文字)

あわせて読みたい

注目の特集