河村名古屋市長が「慰安婦」少女像の撤去を要請 あいちトリエンナーレ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「表現の不自由展・その後」に出品されている「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影
「表現の不自由展・その後」に出品されている「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影

 名古屋市内などで1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする韓国人作家の「平和の少女像」が出品されていることについて、同市の河村たかし市長は2日、主催する実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事に対し、撤去を求める抗議文を送った。芸術祭を支援する文化庁も「展示内容を精査する必要がある」とし、補助金交付に慎重な姿勢を示した。

 少女像はメイン会場の愛知芸術文化センター(同市東区)の「表現の不自由展・その後」と名付けられたコーナーで、憲法9条に関する俳句など各地で撤去や公開中止とされた作品17点の一つとして展示されている。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文715文字)

あわせて読みたい

注目の特集