メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火大会、来年五輪と重なり開催ピンチ 警備体制、取れる? 千葉・手賀沼

昨年、手賀沼で打ち上げられた花火。来年も夏の夜空を彩ることになるのか=千葉県柏市提供

 3日に開催される千葉県東葛地区最大の花火大会「手賀沼花火大会」の来年の開催が危ぶまれている。東京五輪(来年7月24日~8月9日)と重なって、警備に当たる警察官や民間警備員の確保が難しくなると見込まれるためで、思わぬ影響に関係者は気をもんでいる。

 花火大会は、同県柏、我孫子両市と両市の商工団体で組織する実行委員会が毎年、8月の第1土曜日に開催しており、今年で30回目。手賀沼の3カ所から計1万3500発の花火を打ち上げ、約40万人が訪れる。3日、柏市側では県警柏署、警備会社、消防、消防団、市から計約460人が警備に当たる。…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです