メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

短い夏を乱舞 青森ねぶた祭

街頭に繰り出した色鮮やかなねぶた=青森市で2019年8月2日午後7時10分、和田大典撮影

 国の重要無形民俗文化財の「青森ねぶた祭」が2日夜、青森市で開幕した。7日までの期間中、武者や歌舞伎などを描いた高さ約5メートル、幅約9メートルの大型ねぶたが市中心部を練り歩き、北国の短い夏を彩る。

 ねぶたは午後7時過ぎの号砲を合図に、極彩色の光を放ちながら一斉に出陣。浴衣と花がさ姿の「跳人(はねと…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです