メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クックパッドニュース

自由研究にも最適!次々に色が変わる不思議な「魔法のパンケーキ」[今日から始める親子クッキング vol.10]

情報提供:クックパッド 利用規約

子育て世代にとっては、やはり気になる「食育」。でも、何から始めればよいかわからない、という方も多いのでは? この連載では、子ども料理研究家・武田昌美さんに、子どもと一緒に料理を楽しむ方法と、料理を通して子どもが得られる成長について、わかりやすく解説してもらいます。日々の料理を親子のコミュニケーションの場に変えてくれる魔法のアドバイスをどうぞ♪

料理は科学!“なぜなぜ星人”にもぴったり

来ました! 夏休み! セミが競い合って鳴き合い、溶けるほど暑いですね。

親は一歩外に出るのにもぐっと勇気を振り絞る一方で、子どもは水を得た魚のように、帽子の中に汗をびっしょりかきながらも、とびっきりの笑顔で夏を満喫しています。不思議と子どもって、一夏越えると途端に成長した感じがするのは私だけでしょうか? 子どもを大きくさせる不思議な力が夏にはある気がします。

子どもは2歳頃から「何で? どうして? これなぁに?」と何でも興味津々のなぜなぜ星人へと進化します。

はじめは、「あれはね、雲っていうもので……いろんな形に見えるね」なんて優しく応えていても、50回目くらいから「だからっ! 雲は雲!」と若干投げやり感が出てきてしまい、後で自分の切り返しの悪さに反省してみたり(笑)。

この子どもの「なぜ?」に対して、「これはこうだよ」と説明してもなかなか覚えてくれないけれど、実際に子ども自身で答えを導き出す努力をしたものについては、あっという間に覚えてくれます。

目の前にあるハテナに気付き、それについて考えてみる。きっとその経験は、大きくなってからもずっと彼らの「学び」のスタイルの原点となるのではないでしょうか。

好奇心を持って世界を見渡し、不思議のアンテナを感度高く立てて、その不思議に焦点を当ててみること。それは、子どもたちの未来、来たるAI時代を生きる上で、AIに勝る大切な人間ならではのスキルとなるはずです。

料理には科学がいっぱい詰まっています。この夏は、家族やお友達と一緒に、または自由研究として、いつもとはちょっと違う“不思議なお料理”に挑戦してみてはいかがでしょうか?

いざ、おうちで実験クッキング!

娘のお友達が家に遊びにてくれた時、食材の色が変わる実験クッキングをしました。その名も、「魔法のパンケーキ」! おいしいだけじゃない不思議なこのパンケーキ、ぜひお試しください。

<子ども料理>魔法のパンケーキ by リトルシェフクッキン
色が変わる不思議なパンケーキ


このパンケーキは作る時から一味違います。

まずは生地に、ブルーベリージャムを入れます。すると最初はそのまま紫色なのに、すぐに緑色に変化します! ここで子どもたちは、ひと騒ぎ(笑)。

E25958f7808b4c9306ed5f93edf72bee 生地にブルーベリージャムを加えると…

Fb686d4a01c9baaacd9b52d40f7fb08f 紫色だった生地が、だんだん薄い緑色へ変化!

今度は生地を焼きながら、レモンシロップも作ります。そして出来上がったパンケーキに1人の子がレモンシロップをかけていきます。

みんな身を寄せ合ってドキドキ眺めている様子がまた可愛い。すると色がだんだんピンク色に変わっていくではありませんか! みんなその変化に、また大喜び。

A95fdb33194938ffd03f6aa13b235542 シロップをかけると、かけた部分が今度は薄いピンク色に!

お料理には不思議がいっぱい詰まっています。好奇心旺盛な子どもにとっては、野菜の断面だって面白い。小麦粉ってなんで生じゃ食べちゃいけないの? この卵はどの動物の卵? 魚ってどこにいるの?……ハテナがたくさんあるワクワクした世界なのです。

この子どもの持つ不思議を察知する能力、活かすも衰退させるも大人の関わり方次第。「どうしてだろうね、一緒に考えてみよう」。まずはすぐに答えを出さずに、子どもと一緒に考えてみてください。子どもの発想の豊かさに感心するはずです。

ところで、先ほどのパンケーキ。最後に、子どもたちへ色が変わる理由について種明かしをしました。呈色反応の仕組み(※編集部注)や、アルカリ性とか酸性について、できる限り噛み砕いて説明をしてみましたが、一様にハテナ顔でポカンとしていました(笑)。

そりゃそーだ! やっぱりまだ酸化については難しいね。でもね、きっとこの答えは小学生になった時に解決するよ! その時は、この魔法のパンケーキのことをちょっとだけ思い出してね。

59165244279c1f9a4ae0dbc9dcf4feb6

※編集部注:ある元素・イオン・化合物が特定の試薬に対して発色・変色する化学反応のこと。発色反応。


武田昌美(子ども料理研究家)

80a04661f828761cb008b651df78157e リトルシェフクッキング(株)代表取締役。フランスで料理の修行をしていた父の影響を受け、幼少の頃から料理に興味を持つ。航空会社にて客室乗務員をしながら、各地の料理や文化に触れ、知識を深める。2人の子どもの親となり、多くの子どもたちに料理の楽しさ、食の大切さを伝えていきたいと強く願い、2017年より「ママも知らなかった才能が花開くクッキングスクール」をコンセプトにした料理教室『リトルシェフクッキング』を主催。保有資格は、フードコーディネーター、スパイスマイスター、食品衛生責任者。2019年3月、子どもが一人一人料理できる料理教室『リトルシェフクッキングEduCooking Lab』を東京都世田谷区にオープン。
【HP】https://little-chef-cooking.com/(ご予約はこちらから)
【Instagram】@masamis__kitchen
【ブログ】子ども料理研究家 武田昌美の食育ブログ
【クックパッド】武田昌美のキッチン

関連記事


情報提供:クックパッド 利用規約

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです