メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

手で見るいのち/上 骨触って「考える観察」

 目の不自由な人が、理科の「生物」を学ぶのは簡単ではない。しかし、「生物の楽しさを伝えたい」という教師たちが40年以上前、「動物の骨を触(さわ)る」というユニークな授業を編み出した。東京の筑波大(つくばだい)付属(ふぞく)視覚(しかく)特別支援学校(とくべつしえんがっこう)で今も続くこの授業に、毎日新聞の柳楽(なぎら)未来(みらい)記者(38)が参加した。

 生物教室の机の上に、使(つか)い込(こ)まれた道具のようにやや色あせたイヌの頭蓋骨(ずがいこつ)が…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文867文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです