メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易交渉

「かなり前進」 茂木氏、月内に閣僚級再協議

 日米両政府は2日、貿易協定締結に向けた閣僚級協議をワシントンで開き、2日間の日程を終えた。茂木敏充経済再生担当相は終了後、記者団に「成果を早期に実現するための議論をかなり前に進めることができた」と説明。日本政府は9月末までの大枠合意を目指しており、日米は8月中に再度閣僚級協議を開くなどして交渉を加速させることで一致した。

 閣僚級協議は7月の参院選後初めてで、茂木氏は米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とUSTR…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです