メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 眠らない「知の闘技場」

 「本のコロセウム(闘技場)」をテーマにデザインされた国際教養大学(秋田市)の中嶋記念図書館は、眠らない。2004年に開学した同大で「いつでも勉強できる場を提供したい」という故中嶋嶺雄・初代学長の思いが、24時間365日の開館という形で結実し、08年に完成。秋田杉が使われた傘形屋根と半円状の吹き抜けが美しい。

 国際教養学部2年の角岸右京さん(20)は「授業後に課題や予習をするには夜しかなく、深夜1時までいる日もある。今ではこの環境は不可欠です」と話す。大学のシンボルにもなった図書館を、加藤信哉館長(64)は「学生のニーズと学校のポリシーで成り立つ大学の憲法のようなもの」と例える。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです