連載

読む写真

旬のニュースや話題をテーマに、その深層を写真でとらえます。

連載一覧

読む写真

Photo 眠らない「知の闘技場」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「本のコロセウム(闘技場)」をテーマにデザインされた国際教養大学(秋田市)の中嶋記念図書館は、眠らない。2004年に開学した同大で「いつでも勉強できる場を提供したい」という故中嶋嶺雄・初代学長の思いが、24時間365日の開館という形で結実し、08年に完成。秋田杉が使われた傘形屋根と半円状の吹き抜けが美しい。

 国際教養学部2年の角岸右京さん(20)は「授業後に課題や予習をするには夜しかなく、深夜1時までいる日もある。今ではこの環境は不可欠です」と話す。大学のシンボルにもなった図書館を、加藤信哉館長(64)は「学生のニーズと学校のポリシーで成り立つ大学の憲法のようなもの」と例える。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文537文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集