メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPT準備委議長

軍縮の到達点は核廃絶 最終文書に禁止条約記載、意欲

インタビューに答えるサイード氏=広島市中区で2019年7月12日、木葉健二撮影

 今年4、5月に核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で議長を務めたマレーシアのサイード・ハスリン氏(48)は、2020年の再検討会議で合意を目指す最終文書について「核兵器禁止条約に言及すべきだ」と述べ、核軍縮の到達点に核廃絶を位置づけたい考えを示した。準備委では、核兵器禁止条約に触れた勧告案が核保有国の反発を招いて採択されなかった経緯があり、20年の最終文書で合意にたどり着くかどうか注目される。【小山美砂、手呂内朱梨】

 サイード氏は、国連マレーシア政府代表部の常駐代表で、来年開かれる再検討会議でも核軍縮部門で議長を担う。準備委後の7月中旬に広島市を初めて訪れ、毎日新聞の取材に応じた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです