メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPT準備委議長

軍縮の到達点は核廃絶 最終文書に禁止条約記載、意欲

インタビューに答えるサイード氏=広島市中区で2019年7月12日、木葉健二撮影

 今年4、5月に核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で議長を務めたマレーシアのサイード・ハスリン氏(48)は、2020年の再検討会議で合意を目指す最終文書について「核兵器禁止条約に言及すべきだ」と述べ、核軍縮の到達点に核廃絶を位置づけたい考えを示した。準備委では、核兵器禁止条約に触れた勧告案が核保有国の反発を招いて採択されなかった経緯があり、20年の最終文書で合意にたどり着くかどうか注目される。【小山美砂、手呂内朱梨】

 サイード氏は、国連マレーシア政府代表部の常駐代表で、来年開かれる再検討会議でも核軍縮部門で議長を担…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです