メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

南アの追い出し屋

家賃滞納者の部屋から家財を運び出す赤いアリの作業員ら=ヨハネスブルク郊外で2018年8月29日、小泉大士撮影

 南アフリカに「赤いアリ」という名の追い出し屋がいる。作業員の赤いつなぎがトレードマーク。当局の要請を受け、「不法居住」している住民らを立ち退かせる。暴力もいとわないので人権団体からしばしば批判を受ける。

 何度か現場を目にしたが、数百人で押しかけてドアをこじ開け、次々と家具を放り出す。リーダー格はショットガンを手にしている。おびえる住民を尻目に、ベ…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです