メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

原発全4基停止、福井・敦賀は今 廃炉の街、見えぬ新たな光=科学環境部・松本光樹

約2キロに及ぶアーケードが整備された敦賀駅前の商店街。シャッターを閉めた店舗が多く、人通りもまばら=福井県敦賀市で2019年7月17日、松本光樹撮影

 計15基の原発(廃炉を含む)が建ち並ぶ若狭湾岸の福井県4市町のうち、4基を抱える敦賀市では原発が1基も動いていない。新型転換炉「ふげん」と敦賀原発1号機は廃炉作業が進み、高速増殖原型炉「もんじゅ」も昨年8月に廃炉に向けた燃料取り出しを開始。敦賀2号機は再稼働の見通しが立っていない。「原発の街」から一転、「廃炉の街」となりつつある同市の現状を見るため、大阪から向かった。

この記事は有料記事です。

残り2360文字(全文2546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです