楽しく五行歌

特別編 小野雅敏さん年間大賞 準大賞に小田嶋忠雄さん、高橋典さん /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小野雅敏さん
小野雅敏さん

 「楽しく五行歌」の「2019年年間大賞」が決まった。過去1年間の投稿作品から、羽後町の小野雅敏さん(64)が大賞に、大仙市の小田嶋忠雄さん(85)と秋田市の高橋典さん(90)が準大賞に選ばれた。3人に受賞の喜びや五行歌への思いを聞いた。【佐藤伸】

気負わず続ける 小野さん

 同居する孫(2歳男児)なのだが、自分の周りではねたり、耳元で大笑いしたり、とにかく元気。ほとほと疲れ、嫁の子育ての大変さが分かる--。その気持ちを素直に詠んだ。「きがにゃ」「へじらにゃ」という秋田弁の中に、ほほえましい日常がにじんでいる。

 「自由度の高い表現方法が、性に合っているようで、飽きっぽい性格なのに5年近く続いている。これからも気負わず、続けていきたい」。初の大賞受賞を喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1398文字)

あわせて読みたい

注目の特集