メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創意で挑む

女性農家は今 毎日農業記録賞に寄せて/上 北海道別海町 小林牧場 小林晴香さん(38) /東京

ロボット牛舎を導入した小林晴香さん。乳牛がおとなしく自動搾乳ロボットに入っている=北海道別海町中西別の小林牧場で

80歳現役へ機械化 仲間増え、交流「同盟」も

 約100頭の乳牛が牛舎内を自由に行き交う。自動で配られるできたての餌をはむ牛もいれば、寝そべっている牛もいる。乳が張ると、自動搾乳ロボットの前に列をなす。北海道別海町の小林牧場4代目、小林晴香さん(38)が言う。「自分が牛だったら、どう飼われたいかも考えて設計しました」。機械化で人の負担を減らし、「80歳まで現役」を目指す。

 機械化のきっかけは作業中のぎっくり腰だった。その瞬間、脳裏に「離農」の2文字が浮かんだ。牧場は、両親と、後継を志して実家に戻った小林さんが3人で営んでいる。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです