メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中村文則の書斎のつぶやき

パン屑と国民生活 /愛知

中村文則さん=木葉健二撮影

 参院選の48・8%という驚異的な低投票率から感じたのは、奇妙な息苦しさだった。

 選挙に行かない人を批判するのも、違う気がする。僕たちは、考えたくないようにさせられているのかもしれない。重い空気のような力で、顔を背けさせられているのかもしれない。

 メディアがひどく政権を気にするようになった。人事にも影響を与える幹部クラスが、政権と親密になったり食事などしていれば、自然とそうなるだろう。当たり前のことを言って恐縮だが、今すぐやめるべきだ。これは立場から発生する職業倫理で、欧米なら通常考えられない。同じ理由で当然、野党とも親密になってはいけない。政権に食い込む仕事は部下がやればいい。断るのも困難だろうから、政権側が自重すべきだ。この件はもう一度国会の議題に上げてもらいたい。こんな空気はもうやめないか。

 選挙特番をやり、何か言われるくらいなら、現場も避けたくなるだろう。こんなにテレビ報道の少なかった選…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1694文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです