メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うちわ取り

夏の風物詩 氏子ら奪い合い、無病息災祈願 伊賀 /三重

「花」につけられたうちわを取り合う人たち=三重県伊賀市の平井神社で、大西康裕撮影

 伊賀市小田町の平井神社で1日夕、夏の風物詩の「うちわ取り」があり、氏子らが疫病逃れや、無病息災などを願ってうちわを取り合った。

 神社によると、祭神の一柱が素戔嗚尊(すさのおのみこと)で、素戔嗚尊をまつる「祇園さん」の民衆行事として、明治後期ごろに始まったとみられるという。うちわを奪い合うのは素戔嗚尊が…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  3. 質問なるほドリ 議員は国会休んでいいの? 出席義務初日以外なし、「給料」は満額で支給=回答・古川宗

  4. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです