メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うちわ取り

夏の風物詩 氏子ら奪い合い、無病息災祈願 伊賀 /三重

「花」につけられたうちわを取り合う人たち=三重県伊賀市の平井神社で、大西康裕撮影

 伊賀市小田町の平井神社で1日夕、夏の風物詩の「うちわ取り」があり、氏子らが疫病逃れや、無病息災などを願ってうちわを取り合った。

 神社によると、祭神の一柱が素戔嗚尊(すさのおのみこと)で、素戔嗚尊をまつる「祇園さん」の民衆行事として、明治後期ごろに始まったとみられるという。うちわを奪い合うのは素戔嗚尊が…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです