メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

30年国体

県が招致へ 2巡目 橿原を主会場候補に /奈良

 県が2030年に県内で2回目となる国民体育大会(23年から国民スポーツ大会に改称)開催を目指している。今後、招致に関する県議会の議決などを経て、知事や教育長らの連名による開催要望書を文部科学省などに提出し、施設の整備を進める。

 主会場は橿原市を第1候補とし、県のスポーツ拠点として整備する。県立橿原公苑(10・2ヘクタール)は手狭なため、より広い橿原市営の橿原運動公園(29・37ヘクタール)と交換する計画だ。前回1984年の「わかくさ国体」では、奈良市の鴻ノ池運動公園が主会場だった。

 荒井正吾知事は「学校スポーツだけではなく、実業団や地域などの利活用も入れた施設整備もできたら」と話す。県によると、2巡目の開催が決まっていないのは、奈良と山梨、沖縄の3県。【新宮達】

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです