メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山競書大会

玉置さんらを表彰 金剛峯寺 /和歌山

高野山真言宗の葛西光義管長から表彰される受賞者=和歌山県高野町の高野山金剛峯寺で、伴丈伸治撮影

 第54回高野山競書大会(高野山金剛峯寺主催、高野山書道協会主管、毎日新聞社など後援)の表彰式が2日、高野山真言宗総本山金剛峯寺(高野町)であった。

 式には、最高賞の弘法大師賞から金剛峯寺賞まで4賞の受賞者計125人が出席。石飛博光・審査委員長(毎日書道会理事)が「応募11万8615点の中から選ばれた方々。お大師様のように挑戦する姿勢を忘れず、書の上達、飛躍に励んでもらいたい」と激励した。この後、…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです