メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山夏季大学

仲間と学ぶ3日間 全国から800人 「著名人の講義楽しみ」 /和歌山

舞の海秀平さんの講演が行われ、ユーモアあふれる話に沸く満員の会場=和歌山県高野町の高野山大学松下講堂黎明館で、北田研索さん撮影

 高野山(高野町)で2日に開幕した第95回高野山夏季大学(毎日新聞社、高野山真言宗総本山金剛峯寺主催)。今年も全国から約800人の参加者が山上の聖地に集った。高野山大学松下講堂黎明(れいめい)館を主会場に、各分野の著名人を講師に迎えて3日間にわたって開かれる。【松野和生】

 参加者らはケーブルカーやバスを乗り継ぐなどして続々と山内入り。再会した「夏季大学仲間」との会話を楽しみながら午後からの開講を待った。

 堺市中区の鍼灸(しんきゅう)師、堀田友紀さん(44)は、施術している同市南区の金井玲(あきら)さん…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです