メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話通訳者

足りない 昨年度66人で1947件対応 50代以上が8割占め /香川

2019年度の香川県内の市町村別手話通訳者数

 県内の登録手話通訳者が不足している。昨年度、通訳者66人に対し、派遣件数は1947件。そのうち3割を70代の通訳者2人が担当するなど、負担の偏りも大きいという。県聴覚障害者福祉センターの担当者は「通訳者が高齢化し、やめる人も多い。掛け持ちしたり、仕事を休んでもらったりして派遣するケースもある」と現状を訴える。【山口桂子】

 センターによると、今年度の登録手話通訳者数は62人。年代別では、30代2人▽40代9人▽50代23…

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです