メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

外務省ホームページに、日本と韓国の草の根交流に関する…

[PR]

 外務省ホームページに、日本と韓国の草の根交流に関するエピソード集「ちょっといい話」がある。4年前の日韓国交正常化50周年に際し作成された▲その中に、JR新大久保駅で2001年、ホームから転落した男性を助けようと日本人カメラマンと共に線路に飛び降り命を落とした韓国人留学生、李秀賢(イスヒョン)さんが取り上げられている。李さんは日本に高麗大学から留学中で、26歳だった。当時、勇気ある行動として感動を呼んだ▲李さんらの元には弔慰金が寄せられたが、李さんの両親は受け取りを辞退し、アジアからの留学生支援のために提供した。事故後、「エルエスエイチ(LSH)アジア奨学会」が設立され、18年までに韓国をはじめ18カ国・地域の897人の留学生に奨学金が贈られた。日韓の足元をこうした取り組みが支えた▲そんな草の根の努力を吹き飛ばす勢いなのが、日本が韓国を、輸出手続きの優遇措置を受けられる「ホワイト国」から除外する閣議決定である。経済に深刻な打撃を受ける韓国は激しく反発し、日韓の安全保障協力に影響が及ぶとまで警告する▲関係悪化は民間交流に影響し、毎日新聞の集計では7月以降、21道県で35件の行事が中止や延期になった。嫌悪する世論を意識し、「負の連鎖」に陥ったようだ▲奨学会で李さんの遺志を思い歌われる歌詞にこんな一節がある。<君の国と僕の国の架け橋になりたいと/語っていた君の夢/忘れないよ/いつまでも>。架け橋が今、かすむのがつらい。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです