メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メドベージェフ露首相

択捉を訪問 振興策強調「ここは我々の土地」

 メドベージェフ露首相は2日、北方領土の択捉島を訪れ、経済振興のため観光施設などを視察し「ここは我々の土地だ」と語った。ロシアが自力で経済開発し、日本に引き渡さない立場を示した形だ。日本政府は外交ルートを通じロシアに抗議したが、9月初旬の日露首脳会談開催に向け調整していく方針は変えないとみられる。

 メドベージェフ氏の北方領土訪問は4回目。今回は択捉島のレイドボ村で温泉施設、学校の建設予定地や建設中の住宅を訪れ、キトーブイ村では水産加工工場などを視察した。記者団から日本の抗議を配慮するのか尋ねられ、メドベージェフ氏は「考慮しない。ここはロシアが法の主体であり、サハリン州に属している」と返答。「10年近く(北方領土を含む)クリル諸島の発展を観察してきたが…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです