メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

韓国輸出優遇除外 バランス感覚失うな=論説委員長・古賀攻

 日本政府を今突き動かしているのは、つまるところサンフランシスコ平和条約に基づく「戦後処理」の枠組みが崩れることへの危機感だろう。

 条約の賠償規定は、米国の意向で日本に寛大なものとなった。韓国は英国の横やりで講和会議に参加できなかったが、1965年の日韓基本条約と請求権協定は広い意味でサンフランシスコ体制に含まれる。両国は大局的観点から歩み寄った。

 ところが、徴用工問題で昨年10月に出た韓国大法院の判決は、日本が不法に韓国を併合したのだから個人の…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1006文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです