メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

低投票率でも選挙成立するの? 公選法に無効規定なし 得票少ないと再選挙も=回答・竹地広憲

国政選挙の投票率

 なるほドリ 7月21日に投開票された参院選は投票率が低かったね。

 記者 48・80%と有権者(ゆうけんしゃ)の半分も投票に行かず、参院選で過去2番目に低い投票率でした。選挙の争点が分かりにくかったことや、九州の悪天候(あくてんこう)が理由に挙げられます。過去最低は1995年参院選の44・52%です。かつて野党第1党だった旧社会党が自民党と連立政権を組み、有権者がしらけたことが理由とされます。

 Q 若い人は選挙への関心が低いというけど、今回もそうだったのかな。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです