メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

大島衆院議長は何を語る=伊藤智永

東京都千代田区の衆議院議長公邸で7月31日、宮間俊樹撮影

 憲法改正を進めるには与野党協調を重んじる大島理森衆院議長の交代もあり得る、と萩生田光一自民党幹事長代行が放言し、与党内からも批判が相次いだ。

 大島氏は6月下旬、青森県八戸市の講演で、改憲手続きの国民投票法改正案が通常国会で成立しなかったことを踏まえ、

 「参院選後、これも含めて憲法をどうするか議論があるだろう」

 と発言している。ここは真意を聞かねばなるまい。盛夏、東京・永田町の議長公邸を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです