連載

時の在りか

「靖国」など日本の戦後をテーマに取材を続けている伊藤智永編集委員が、政治を「座標軸」に鋭く論じます。

連載一覧

時の在りか

大島衆院議長は何を語る=伊藤智永

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都千代田区の衆議院議長公邸で7月31日、宮間俊樹撮影
東京都千代田区の衆議院議長公邸で7月31日、宮間俊樹撮影

 憲法改正を進めるには与野党協調を重んじる大島理森衆院議長の交代もあり得る、と萩生田光一自民党幹事長代行が放言し、与党内からも批判が相次いだ。

 大島氏は6月下旬、青森県八戸市の講演で、改憲手続きの国民投票法改正案が通常国会で成立しなかったことを踏まえ、

 「参院選後、これも含めて憲法をどうするか議論があるだろう」

 と発言している。ここは真意を聞かねばなるまい。盛夏、東京・永田町の議長公邸を訪ねた。

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1968文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集