メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

イドリブ県での病院攻撃 国連、内戦調査

イドリブ県

 内戦が続くシリアで、反体制派の最後の拠点となった北西部イドリブ県に対するアサド政権軍とロシア軍による攻撃が4月末から3カ月にわたって続いている。国連によると、民間人死者は400人を超え、避難民は44万人以上。国連のグテレス事務総長は1日、病院などへの攻撃について調査する委員会の設置を決めた。

 イドリブ県では昨年9月にアサド政権の後ろ盾となるロシアと、反体制派を支援するトルコが停戦を仲介し、政権軍と反体制派がにらみ合う境界線に「非武装地帯」を設けることで合意。10月以降、激しい戦闘は回避されてきた。

 だが、政権軍やロシア軍は今年4月下旬、「イスラム過激派の掃討」を名目に攻撃を再開。学校や病院、市場…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです