メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米閣僚級協議

貿易「協議を加速」 車・農産物関税を議論

 日米両政府は1日、貿易協定締結に向けた閣僚級協議をワシントンで開き、焦点となっている自動車や農産物などの関税の扱いなどを協議した。茂木敏充経済再生担当相は協議後、記者団に「議論が煮詰まってきているが、完全に一致しているわけではない」と述べ、早期合意に向け議論を加速させる考えを示した。協議は2日まで行われる。

 茂木氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表がUSTR本部で約3時間会談した。日米両政府は…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです