メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業者とは誰か=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 政府が定めた「農協改革集中推進期間」が5月に終了した。農林水産省は4月の規制改革推進会議農林ワーキンググループ(WG)に、農協改革の取り組み状況について報告している。農産物販売事業の見直しについては「具体的取り組みを開始した」と回答した総合農協が93・8%に上ったのに対し、農業者では38・3%にとどまった。生産資材購買事業の見直しについても、両者の認識に大きな差がある。ただ、ここでいう農業者とは「認定農業者」など政府が支援を集中する「担い手」のことで、2018年時点で全国に約24万経営体(うち法人は2・4万)を数えるが、全農業経営体122万のうち2割弱を占めるに過ぎない…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  3. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです