メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農業者とは誰か=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 政府が定めた「農協改革集中推進期間」が5月に終了した。農林水産省は4月の規制改革推進会議農林ワーキンググループ(WG)に、農協改革の取り組み状況について報告している。農産物販売事業の見直しについては「具体的取り組みを開始した」と回答した総合農協が93・8%に上ったのに対し、農業者では38・3%にとどまった。生産資材購買事業の見直しについても、両者の認識に大きな差がある。ただ、ここでいう農業者とは「認定農業者」など政府が支援を集中する「担い手」のことで、2018年時点で全国に約24万経営体(うち法人は2・4万)を数えるが、全農業経営体122万のうち2割弱を占めるに過ぎない…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです