ふるさと納税

大阪・泉佐野市は497億円 18年度1位

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 総務省が2日発表した2018年度のふるさと納税の寄付総額は前年度比40・3%増の5127億円だった。6年連続で過去最高を更新し、伸び率は17年度の28・4%から大幅に拡大。同省の豪華返礼品の自粛要請に従わず、6月から始まった新制度の対象外となった大阪府泉佐野市など4市町が駆け込み的に寄付を集めた影響が大きかった。

 4市町は泉佐野市のほか、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町。寄付の受け入れ額は合わせて1112億円で、寄付総額の22%を占めた。4市町だけで875億円増やし、全体の増加額(1473億円)の6割を占めた。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文991文字)

あわせて読みたい

注目の特集