メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

新型短距離ミサイルか また2発

 韓国軍合同参謀本部は2日、北朝鮮が同日未明、東部・咸鏡南道(ハムギョンナムド)永興(ヨンフン)付近から日本海に向けて短距離の飛翔(ひしょう)体を2回にわたり発射したと明らかにした。高度は約25キロ、推定飛行距離は約220キロで、最大飛行速度はマッハ6・9と探知されたという。日本政府関係者は短距離弾道ミサイルとの見方を示した。韓国大統領府報道官は、米韓当局は新型の短距離弾道ミサイルの可能性が高いとみて、さらに精密に分析すると述べた。

 米政府筋は米ABCテレビに対し、8月上旬に始まる米韓合同軍事演習への抗議とみられると説明した。北朝…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文812文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです