メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

死刑執行

7カ月ぶり 福岡と神奈川、連続女性殺害の2人

2人の死刑執行について記者会見する山下貴司法相=法務省で2019年8月2日午前11時6分、内藤絵美撮影

 山下貴司法相は2日、福岡県内で2004~05年に女性3人を殺害したとして強盗殺人罪などで死刑が確定した鈴木泰徳死刑囚(50)=福岡拘置所=と、神奈川県内で01年に起きた連続主婦殺人事件で強盗殺人罪などで死刑が確定した庄子幸一死刑囚(64)=東京拘置所=の2人の刑を執行したと発表した。記者会見で山下法相は「刑の執行を妨げる事由がないことなど、慎重な上にも慎重な検討を加えた」と述べた。【村上尊一、金寿英】

 死刑執行は昨年12月27日以来、約7カ月ぶり。山下法相下では2回目で、第2次安倍政権の発足以降、死刑を執行されたのは計38人。山下法相は7月31日に決裁文書に署名したことを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り2680文字(全文2977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

  2. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです