メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいちトリエンナーレ

名古屋市長「慰安婦像撤去を」 「表現の不自由展・その後」で展示

「表現の不自由展・その後」に出品されている「平和の少女像」=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年7月31日、大西岳彦撮影

 名古屋市内などで1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする韓国人作家の「平和の少女像」が出品されていることについて、同市の河村たかし市長は2日、主催する実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事に対し、撤去を求める抗議文を送った。芸術祭を支援する文化庁も「展示内容を精査する必要がある」とし、補助金交付に慎重な姿勢を示した。

 少女像はメイン会場の愛知芸術文化センター(同市東区)の「表現の不自由展・その後」と名付けられたコーナーで、憲法9条に関する俳句など各地で撤去や公開中止とされた作品17点の一つとして展示されている。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです