プロ野球

ソフトバンク2-0日本ハム 千賀10勝、2安打完封

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ソフトバンクの千賀が、球威のある球で2安打に抑え、今季初完封で10勝目を飾った。六回、デスパイネの右前適時打で先制し、八回に牧原の右前適時打で加点した。日本ハムは投手陣が粘りの投球を見せたが、打線が振るわなかった。

今季チーム初完投勝利

 まさにエースの投球だった。ソフトバンクの千賀が今季チーム初の完投勝利。しかも2安打完封という文句の付けようがない内容だった。

 外野に打球が飛んだのはわずか5回と球威で勝った。見せたのは七回。先頭の近藤を四球で出したが、中田をツーシームで詰まらせて二塁封殺。続く渡辺も内角の直球で詰まらせ、またも二塁封殺で切り抜けると、最後は石井から空振り三振を奪った。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集