メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

W杯 塩浦、納得の2位 男子50自

男子50メートル自由形決勝で2位となり、1位のモロゾフと握手する塩浦(奥)=久保玲撮影

 競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は2日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子50メートル自由形は塩浦慎理(イトマン東進)が21秒92で2位に入った。優勝はウラジーミル・モロゾフ(ロシア)で21秒56だった。

 男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が59秒01の2位。女子200メートル平泳ぎで青木玲緒樹(ミズノ)が2分24秒33で2位に入った。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです