メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

君は聖火を見たか

五輪と平和/6 本土復帰、希望だった 今も米軍機騒音、抱けぬ高揚感

沖縄戦の激戦地だった嘉数高台公園で、記憶を語る仲村元惟さん。左奥は米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で、徳野仁子撮影

 その日は雲一つない青空が広がっていた。1964年9月9日午後、沖縄・宜野湾市。仲村元惟(もとのぶ)さん(82)は高ぶった感情を抑えきれずにいた。目の前で、地元の高校生たちから20代の男性の手にトーチの火が渡されようとしていた。

 沖縄は当時、米軍統治下にあった。聖火リレーはそんな沖縄からスタートした。「沖縄を日本の一県として世界が認めてくれる。本土復帰への一歩だ」。このとき27歳。5年目の駆け出し教員だった仲村さんは20代の男性走者の監督を務めていた。白いジャケットとズボンに赤のネクタイ。日の丸をモチーフにした監督用の制服に身を包み、大きく手を上げ、走者に号令をかける。「駆け足、始め!」。監督車両に乗り込み、走者に並走した。

 沿道は観衆で埋め尽くされていた。車から手を振りながら喜びをかみしめた。「沖縄の人も国民の一人なんだという気持ちになった。みんな日本に帰りたいという希望を持っていた」

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1375文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです