メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

生活役立つ工作を 発明くふう展作品募集

[PR]

 <ふれ愛・インフォメーション 毎日新聞社の催し・お知らせ>

     第49回大阪府生徒児童発明くふう展の作品を募集します。自身で問題提起を行い、工夫した作品を作り上げることにより、知的創造力を駆使して問題解決をすることが目的です。科学的な考え方に基づいて、日常生活で安全かつ役立つよう工夫した工作作品を考えてください。

     ATCエイジレスセンター(大阪市住之江区)で11月2~4日、展示会を開き4日には特賞、奨励賞等の受賞者を招待して表彰式を行います。優秀な作品は全日本学生児童発明くふう展に推薦します=写真は昨年の近畿経済産業局長賞・中村友怜さん(堺市立登美丘中2)の作品「バランスロボ」。

     【応募資格】大阪府内の小・中・高校生【応募作品】縦、横、高さがいずれも1メートル以内。重さ20キロ以内【表彰】近畿経済産業局長賞など特賞12点、奨励賞など【応募方法・締め切り】大阪発明協会のホームページhttp://www.jiiiosaka.jp/kufuuten.htmlからダウンロードした出品票を、同協会(〒530-0005 大阪市北区中之島4の3の53)へ持参か郵送。9月24日締め切り【問い合わせ】同協会=06・6479・1926(平日9~17時)

    主催 大阪発明協会、毎日新聞社

    後援 近畿経済産業局、大阪府、大阪市など

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

    3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

    4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

    5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです