メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

声届くまで

被爆74年夏/上 核廃絶、苦悩から一歩 署名の高校生にネットで批判

核兵器廃絶を求める署名活動で街頭に立つ田平彩乃さん(中央)=長崎駅で2019年6月13日、田中韻撮影

 「意識高い系と思われたら嫌だ」。5月15日、今年の高校生平和大使の一人に選ばれ、長崎市役所で就任記者会見に出席した長崎北陽台高2年、田平彩乃(あやの)さん(16)=同市=から、意外な言葉が飛び出した。

 祖母が被爆した。昨年5月から核兵器廃絶を求める「高校生1万人署名活動」で街頭に立ってきた。「自己満足じゃない?」。インターネット上にあふれる活動への書き込みにショックを受けた。同級生に活動を批判されたことはない。だが、どう見られているか気になり、平和を語り合ったことはない。

 米軍による核攻撃を受けたあの日から74年がたつ。核廃絶への機運は高まっているのか。

この記事は有料記事です。

残り1060文字(全文1341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです