メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 原発避難賠償、東電のみ 国の責任認めず 名古屋地裁判決

 東京電力福島第1原発事故(2011年3月)に伴い福島県から愛知、岐阜、静岡各県に避難するなどした42世帯128人が、東電と国に慰謝料など計約14億4000万円の損害賠償を求めた訴訟で、名古屋地裁(桃崎剛裁判長)は2日、東電に対し109人に計約9600万円を支払うよう命じ、国への請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 原告の事故当時の居住地は福島県富岡町や南相馬市など避難指示などが出た区域が12世帯23人、それ以外…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文842文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです