メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮 米国の出方見極め? 断続的に飛翔体、ARFに外相不参加

東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議に北朝鮮の李容浩外相の代わりに出席した金第峰駐タイ大使=バンコクで2019年8月2日、渋江千春撮影

 北朝鮮は、バンコクで2日に開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議に李容浩(リ・ヨンホ)外相を派遣せず、飛翔(ひしょう)体の発射を断続的に行った。近く予定される米韓合同軍事演習後の本格的な非核化協議を見据え、米国の出方を見極めようとしているようだ。

 ARFは北朝鮮が参加する数少ない多国間枠組みで、閣僚会議を構成するのはASEAN加盟10カ国や日米中韓露、北朝鮮など27カ国・機関。北朝鮮の外相が出席しないのは2009年以来だ。

 米朝両首脳は6月30日に板門店で会談した際に実務協議再開で合意。トランプ政権は北朝鮮に対し、核兵器…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文973文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです