メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手賀沼花火、来年の開催は? 五輪で警備要員確保厳しく

昨年、手賀沼で打ち上げられた花火。来年も夏の夜空を彩ることになるのか(柏市提供)

 3日に開催される千葉県東葛地区最大の花火大会「手賀沼花火大会」の来年の開催が危ぶまれている。東京五輪(来年7月24日~8月9日)と重なって、警備に当たる警察官や民間警備員の確保が難しくなると見込まれるためで、思わぬ影響に関係者は気をもんでいる。

 花火大会は、柏、我孫子両市と両市の商工団体で組織する実行委員会が毎年、8月の第1土曜日に開催しており、今年で30回目。手賀沼の3カ所から計1万3500発の花火を打ち上げ、約40万人が訪れる。3日、柏市側では柏署、警備会社、消防、消防団、市から計約460人が警備に当たる。だ…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです