メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渋谷の大道芸人、本業は銀行員 解禁で副業「参入」続々

通行人と触れ合う新生銀行の藤本和弘さん(右)=東京都渋谷区で2019年7月20日午後3時47分、高橋祐貴撮影

 若者や外国人観光客でにぎわう東京・渋谷のスペイン坂。初夏の昼下がり、山高帽と鷲鼻(わしばな)、黒縁眼鏡をつけた大道芸人が鍵盤ハーモニカを手にじっとたたずんでいた。奇妙に思った通行人が近寄ると突然演奏を開始。愛嬌(あいきょう)で音程を外すと通行人から笑みがこぼれた。

 鍵盤ハーモニカをもじった「ケンハモたろう」の芸名を持つ藤本和弘さん(53)の本職は、お堅いイメージの銀行員。新生銀行の市場資金部門次長で毎日、為替や債券など数千億円規模の売買を取り仕切る。一方で昨春から渋谷や浅草などの路上に立ち、週末に月2回ほど芸を披露している。

 2年前、自宅近くで大道芸のイベントに参加したのを機に仲間と芸を磨いてきた藤本さん。「普段は内勤がほ…

この記事は有料記事です。

残り744文字(全文1060文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです