メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏像を修復、復興の象徴に 西日本豪雨被害の岡山・真備

修復された毘沙門天像=岡山市北区後楽園の県立博物館で2019年7月17日16時5分、林田奈々撮影

 昨年の西日本豪雨で被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区で、長年地域住民に大切にされてきた平安時代後期制作の仏像の修復作業がこのほど終わり、県立博物館(岡山市北区)で公開されている。仏像は過去にも何度も修復が繰り返されており、「復興の象徴になれば」と期待される。【林田奈々】

 公開されたのは大日如来像(高さ約70センチ)と毘沙門天像(同約120センチ)の2体。同町有井の末政川の決壊部分のすぐそばに建つ「大日庵」と呼ばれるお堂から回収された。地域住民が毎月掃除をし、大切にされていたが、昨年の豪雨で水流にさらさ…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです