メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・山谷の無料診療所が35年 「人間らしく生きられる場として、ずっと続けたい」

山友会クリニックの前に集まったルボ・ジャンさん(前列左から2人目)と山谷地区の元労働者ら=東京都台東区で2019年7月26日、根岸基弘撮影

 かつて労働者のまちだった東京・山谷(さんや)地区(東京都台東、荒川両区)で、日雇い労働者や路上生活者を無料で診察してきた診療所「山友(さんゆう)会クリニック」が、10月で開設から35年を迎える。NPO代表でカナダ出身のルボ・ジャンさん(74)らが寄付金を基にボランティア医師らと運営。高齢化した元労働者たちが肩を寄せ合って生きられる場も担う。

 7月下旬、泪橋(なみだばし)交差点の南東約100メートルの、「ドヤ」と呼ばれる簡易宿泊所が建ち並ぶ…

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです