「平和の少女像」撤去 あいちトリエンナーレ 知事会見 コーナー中止

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋市内などで開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とする韓国人作家の「平和の少女像」が出品され、同市の河村たかし市長が撤去を求めていた問題で、主催する実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事が3日記者会見し、像を展示していた「表現の不自由展・その後」コーナーを同日限りで中止すると発表した。

 コーナーはメイン会場の愛知芸術文化センター(同市東区)に設けられ、少女像や憲法9条に関する俳句など、各地で撤去や公開中止とされた作品17点が展示されていた。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集