「自由の気風を萎縮」日本ペンクラブが抗議声明 「少女像」展示中止

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 あいちトリエンナーレ2019で「平和の少女像」などの展示中止が決まったことに関連し、日本ペンクラブ(吉岡忍会長)が声明を発表した。

    ◇ 

 制作者が自由に創作し、受け手もまた自由に鑑賞する。同感であれ、反発であれ、創作と鑑賞のあいだに意思を疎通し合う空間がなければ、芸術の意義は失われ、社会の推進力たる自由の気風も萎縮させてしまう。

 あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」で展示された「平和の少女像」その他に対し、河村たかし名古屋市長が「(展示の)即刻中止」を求め、菅義偉内閣官房長官らが同展への補助金交付差し止めを示唆するコメントを発している。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集