特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

高校野球第6日に注目 東海大相模-近江、花咲徳栄-明石商が高レベル

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
対戦相手が次々と決まっていった組み合わせ抽選会=大阪市北区のフェスティバルホールで2019年8月3日、小出洋平撮影
対戦相手が次々と決まっていった組み合わせ抽選会=大阪市北区のフェスティバルホールで2019年8月3日、小出洋平撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市内であった。

 東海大相模―近江、花咲徳栄―明石商のカードが入った第6日に注目だ。東海大相模は神奈川大会で3本塁打の山村、2本塁打の西川ら一発のある打者がそろい、7試合で11本塁打と破壊力抜群。18盗塁と機動力もあり、攻撃力は今大会随一だ。近江はエース左腕・林が切れのある直球とチェンジアップを低め…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る