メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 支援者一体でケアを 子どもの心の健康 福島でシンポ /福島

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の、子どもや子育て世代の精神面の健康を考えるシンポジウム「福島の子どものメンタルヘルス」(福島大、県立医大共催)が3日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。これまで別々に県民の心のケアに携わってきた両大学が初めて一緒に開いた。登壇者からは縦割りを排し、行政や医療、研究機関などが一体となって支援していくことの重要性が指摘された。

 前半では、両大学が実践してきた取り組みを紹介。福島大子どものメンタルヘルス支援事業推進室は、県内の学校に出向いて相談に応じ、子どもらと面談したり、医療的ケアが必要な場合は医療機関の受診へと誘導するなどの取り組みを紹介。保護者の状況にも目を配り、効果的な支援につなげようとしていることも報告した。

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです