メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北陸ひと模様

孤立した人を支援する古本屋「なるや」店主・堀田晶さん(45) /富山

「古本なるや」店主の堀田晶さん=富山県高岡市伏木古国府の同店で、高良駿輔撮影

本の数だけ価値観がある 堀田(ほりた)晶さん

 JR氷見線の伏木駅から古刹(こさつ)・勝興寺へ向かう途中にその古書店はある。高岡市伏木古国府で元々、理髪店だった建物を活用して開業した「古本なるや」。店内には友人と手作りした書棚があり、傍らには理髪店時代の鏡が残る。「ここで話して、笑っている自分の顔でも見てもらえたらね」と理由を語る。

 本屋といえば、静かに書を手に取るイメージがあるが、同店は古書の販売だけが目的ではない。さまざまな理…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1282文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです