メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんだら節

法被の色、鮮やかに 6400人が練り歩く /和歌山

そろいの法被を着て踊る参加者=和歌山市六番丁で、木原真希撮影

 和歌山市の夏の風物詩「紀州おどり ぶんだら節」(和歌山市など主催)と「紀州よさこい祭り おどるんや」(NPO紀州お祭りプロジェクト主催)が3日、和歌山市のけやき大通りやJR和歌山駅前であり、大勢の観客でにぎわった。

 1969年から続くぶんだら節には、おそろいの色とりどりの法被を着た約6400人が参…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです