メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高野山夏季大学

聖地の雰囲気に浸る 講演や授戒、山内の見学 /和歌山

山内見学で石庭「蟠龍庭」を眺める夏季大学の参加者たち=和歌山県高野町の高野山・金剛峯寺で、北田研索さん撮影

 高野山(高野町)で開かれている第95回高野山夏季大学(毎日新聞社、高野山真言宗総本山金剛峯寺主催)は3日、著名人4人の講演があった。恒例の「授戒」や自由時間の山内見学、写経なども行われ、約800人の参加者たちは厳かな聖地の雰囲気に浸った。

 大師教会大講堂であった授戒では、高野山真言宗の葛西光義管長が、仏の心の在り方を説く「菩薩(ぼさつ)十善戒」を参加者に授け、代表して大阪府茨木市の苗村清子さん(70)が、授戒の証しとなる全員分のお札を受けた。苗村さんは「神…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです