メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

地中海に浮かぶイタリアのサルデーニャ島に…

[PR]

 地中海に浮かぶイタリアのサルデーニャ島にジャーラ馬と呼ばれる小型の馬約600頭が生息している。古代に農耕馬として持ち込まれた馬が野生化したという。NHKのドキュメンタリー番組を見たが、1頭のオスに3、4頭のメスとその子馬が付き従った10頭ほどが家族だ▲周辺にはメスを狙う「独身オス」がうろつき、群れを率いるオスと激しい争いを繰り広げる。勝ち抜かなければ子を残せない厳しい競争だ。最新の学説では純粋な野生馬は絶滅したとされるが、野生馬も似た生態だったらしい▲馬は羊や牛より遅く、六、七千年前に家畜化されたという。荒々しいオスをどう家畜化したのか。野生では繁殖の望みがない、比較的おとなしいオスだけをメスと交配させたという仮説がある。馬も人に飼われることで繁殖の機会を得たわけだ▲家畜化で人類は飛躍的に速い移動手段を手に入れた。しかし、子孫を残す馬の競争は楽にはならなかった。より強く速い馬を求めた品種改良のため、限られたオスだけが選ばれたからだ▲無敗でクラシック3冠を制した「平成の最強馬」ディープインパクトがこの世を去った。種牡馬(しゅぼば)としても38頭ものGI馬を輩出した。ファンと名馬をしのぼうと、日本中央競馬会(JRA)は追悼競走や記帳、献花の受け付けを始めた▲すべてのサラブレッドの父系の血統は3頭のオスにつながるという。血を残す争いは馬の宿命でもあるのだろう。不世出の名馬の血統から生まれる新たな伝説を見たい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

    2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

    4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

    5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです